起業後1000日目に見えた限界と今後

Pocket

起業後、1000日目。

今日は、起業後1000日目に見えた限界と今後について。

おかげさまで、起業後1000日目を迎えた。

起業後、1年以内に倒産する企業の割合は30~40%、3年以内に倒産する企業の割合は70%、10年以内に廃業する企業の割合は93%だそうだ。

創業時に倒産・廃業しようと思って、独立起業する人はいない。にも関わらず、現実は、多産多死の世界だ。起業する人はリスクを負って、さまざまな夢や志をもって起業する。

僕の知る限り、創業者の価値観は、創業時よりも廃業時に色濃く出てくる。
特に、至るところから未収金の回収に追われる際に、色が出てくる。

債権者の人達はみな、「どうにか、自分だけは回収しよう」と躍起になる。創業者・社長は、「本当に申し訳ございません。どうにかあなたにだけは迷惑かけないよう、なるべく早急にお支払いしたいと思います」と各所に本気で頭を下げて回る。謝罪し、説得する相手は、取引先・銀行・社員・ビルオーオーナーなど、多岐に渡る。

さまざまな関係各位に対して、創業者・社長は本心から頭を下げて、できる限りの金策に奔走しているに違いない。申し訳なくて、情けなくて、涙も枯れる状態だ。しかし同時に、頭の中では「誰に、いつ、どのくらい支払うか」という優先順位をつけている。創業者・社長がパニくったら、終わりだ。そこに、創業者・社長の本当の価値観が出てくる。

例えば、「すべてはお客様のために」と語っておきながら、最後には、社員への給与支払いを優先させたり、自分の懐に有形・無形の形で資産を逃がしたりなんてことは、よくある話だ。廃業時、会社の銀行口座におけるお金の出入りに、「本当は、何を重視していたのか?」如実に現れる。

自分の価値観「本当は、何を成し遂げたいのか?」を見つめ、自分に正直になることは、創業者・社長にとって最も重要なことだ。消極的な意味では、周りのみなさんに迷惑をかけないため、積極的な意味では、色んな力を結集して大事を成し遂げるために、とても大事なことだ。

僕が、成し遂げたいと思っていることは、「希望が生まれるシカケをつくること」だ。

具体的には、子供の頃に言って聞かされた「一流大学を卒業して、大企業に就職し、マイホームを建て、年金暮らしで余生を送る」という既に破綻しつつある大きな物語とは違う「明日が楽しみになるような」新しい物語をつくることだ。多少状況は違えど、先進国の中では、広く渇望されていると思っている。そして、現在進行形で発展している国々でも、近い将来同じようなことになるだろう。

創業以来、僕が繰り返し自問自答してきたことは、
「オマエは、本当にそれがやりたいのか?」ということだ。

1000日経った今日でも、答えは、YESだ。

しかし、「だれの、どんな希望を、どうやって、生むのだ?」という具体的なことについては、恥ずかしながらまだまだ、もやっとしている。

逆にハッキリ分かってきたことは、「自分はいかにモノを知らないか」ということだったり、「自分はいかに苦手なことが多いか」といった情けないことばかりだ。

途中で悟って、創業者・社長の本質的な役割は、「問題を発見して、理想の状態を示すこと」であることは分かったのだが、肝心の問題も具体化できていないで、不甲斐ない思いに駆られている。

一方で、自分の無知や非力を知ることによって、他人の知識や考え方を拝聴することや、他人の強みを見いだして活かす重要性に気がついたり、対立する議論を俯瞰した上でアウフヘーベンを見いだしたり、と多少人間の幅が広がったような気がしている。

同時に、特定のコミュニティの中で共有されている知識やロジカルシンキングの限界も見えてきた。ロジカルシンキングというのは詰まるところ「同じ事実を共有している限り、みなが、同じ結論に至る」思考方法のことだ。

ある程度熱心に情報を収集し、論理的に思考できる人であれば、同じようなアクションに至る。だから、同じ業界内では商品やサービスがコモディティ化し、利益率はどんどん落ちて行く。加えて、新たなワクワクするような価値観やビジョンを提示することもできない。

だから、「希望が生まれるシカケをつくる」ために必要なアクションは、異なる業界だったり、性別だったり、国籍だったり、といった自分とは異なる知識・考え方を持つ異質な人達と交流し、相反する個性や考え方を統合することだと思っている。

そこには、アチラを立てればコチラが立たずといった板挟み、また、個人の中でも大きな葛藤や矛盾をたくさん見ることになるだろう。しかし、そこを乗り越えることでしか、新しくてワクワクするような物語は生まれないだろう。

少なくとも、狭い業界・性別・国の中で把握している事実をもとに、論理的に考えてアクションしても、将棋で言うところの「詰んでいる」状況に陥るさまは、いたるところで確認できる。あえて具体例は挙げないが、ともかくそういう気配が充満している。

僕は根性がないので、行き詰まりそうな状況が見えたら、まず、お互いの成功体験や常識を脇に置いた上で、異なる人たちと対話したいと思う。

そして、「よく分かんないけど、とりあえずやってみよう!」とか「無駄に終わるかもしれないけど、話してみよう!」みたいな「若さと愚かさ」を持ってアクションしていきたい。

こうして得られる有力な仮説は、指し手を人間からコンピューターに変えることかも知れないし、将棋のルールを変えることかも知れないし、将棋で戦うこと自体から早めに降りることかもしれない。

いずれにしろ、こういう状況における筋の良い手は、経験を詰み常識を備えたプロの棋士が、「アイツはけしからん!」と眉をしかめるような類いの手だと思う。

最後に、これまでこのブログを読んでくれたみなさんへ
1000日目を記念して、御礼とご提案。

今まで読んでくれて、本当にありがとうございます。

今まで読んでくれたということは、皆さんは、もやっとした問題意識を共有する広い意味での「同志」に違いない、と僕は思っています。

是非、一度リアルでもお会いして、いっしょに話をしてみたいのですが、どうでしょう?

業界も会社も年齢も性別も国籍も違うし、会ったこともないと思うのだけど、
きっと、昔から友達だったような出会いになると思うのです。

お互いに気づきがあって、やっかいな問題を再定義できるような
ステキな友達に、僕らはなれると思う。

そしていっしょに、新しい希望の物語を描いていきたい。

以上、千日手、終了のお知らせ。

Twitter:@YANOTAKASHI

以下、同志の方々(「なかのひと」より 順不同)

テプコシステムズ オプト フラクタリスト サイバーエージェント モバイルプロダクション オロ 毎日コミュニケーションズ ゴルフダイジェスト・オンライン マッキャンエリクソン インテック 日本経済新聞社 セプテーニ・ホールディングス 電通イーマーケティングワン ジョブウェブ ヱスビー食品 ディー・エヌ・エー ミクシィ 博報堂 ライブドア ネットプライス 森ビル リクルート 集英社 Jストリーム シーエー・モバイル 朝日広告社 楽天 光通信 SBIホールディングス 日本ユニシス パイプドビッツ mediba 慶應義塾大学 サイバー・コミュニケーションズ アイ・ティー・エックス 電通国際情報サービス アサツー ディ・ケィ ジグノシステムジャパン 毎日放送 ソニー はてな ディーツーコミュニケーションズ ニフティ 日本学生支援機構 ガイアックス 静岡県立大学 グリー 京都造形芸術大学 エムスリー あとらす二十一 アスコン ワークスアプリケーションズ コニカミノルタホールディングス アシスト デジタル ガレージ 宮城大学 大阪大学 ヤフー ビーティーディースタジオ カヤック フロム・ソフトウェア 電通 エン・ジャパン ロックオン 九州産業大学 新通 The Boston Consulting Group 九州大学 監査法人トーマツ エヌ・ティ・ティ・データ東京エス・エム・エス エキサイト NECビッグローブ ホットリンク 早稲田大学 ジェイ・エム・アール生活総合研究所 旭情報サービス 富士通 アトム 奈良ドメイン 石川島播磨重工業 アドウェイズ ロボット シリコンスタジオ 首都大学東京 コンピュータ総合学園HAL専門学校 GMOインターネット 千葉大学 富士フイルム 東京大学 日本経済広告社 国立 電気通信大学 日本郵船 タイムズ・スクエア オムニバス・ジャパン 全日本空輸 シーサー アイ・エム・ジェイ NTTコミュニケーションズ 筑波大学 カシオ計算機 トランス・コスモス エヌ・ティ・ティレゾナント ディスコ ビービット キヤノンマーケティングジャパン ネットマークス 日立製作所 日本精機 ライトアップ ニューズライン アイレップ 弥生 日本ヒューレット・パッカード ドラゴンフィールド オムニチュア 横浜市立大学 エヌ・ティ・ティ・コムウェア アットコラボ有限会社 ネットムーブ セコムトラストシステムズ ニッセン ポッカコーポレーション 大日本明治製糖 デジタルフォレスト ソニックジャム 古河インフォメーション・テクノロジー 電算システム 横山商会 日本航空インターナショナル 電通レイザーフィッシュ 綜合スタッフ 武田薬品工業 前田道路 琉球新報社 NHN Japan 日本電気 東京サーベイ・リサーチ フジミック ソニー・コンピュータエンタテインメント リクルートマネジメントソリューションズ ソフトバンク エヌ・ティ・ティ・アド サラヤ アレフ・ゼロ フルスピード インタークエスト システムコンサルタント 中電シーティーアイ 東芝ソリューション 東京ドメイン ファミマ・ドット・コム インタースペース 富士通ゼネラル KDDI研究所 三菱商事フュ-チャ-ズ証券 インターネットイニシアティブ サイタスマネジメント 総務省 サンケイリビング新聞社 太陽生命保険 任天堂 日本IBM タイレルシステムズ ケイ・ライターズクラブ 富士通[web.ad.jp] ニコン インクリメント ピー 東京エレクトロン エム・ビー・アイ 松井証券 東北大学 プレスアート ジェイエイシーリクルートメント ルネサス テクノロジ 日本ヒューレット・パッカード 凸版印刷 PricewaterhouseCoopers ソーテック 玉川大学 ダイヤモンド社 コマースニジュウイチ 白組 ドワンゴ イマジニア インターネットウェア エンターブレイン エコーシステムズ 日本電産リード TTK セイコーエプソン 三和電子 情報工房 チームラボ カプコン ジャルインフォテック カンダコーポレーション コアアドインターナショナル 日機装 ワーナーミュージック・ジャパン システムベース リコー エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ バンダイナムコゲームス 三井住友カード インターナショナルシステムリサーチ 佛教大学 オリンパス 沖縄ドメイン エイチーム ソリトンシステムズ アグレックス ガンホー・オンライン・エンターテイメント 山梨大学 大分大学 ほっちゃテレビ アニプレックス ブロードバンドタワー 山形短期大学 文部科学省 金沢大学 京都女子大学 元気 コア デル キデイランド 福井大学 日本マイクロソフト 伊藤忠テクノソリューションズ イハラケミカル工業 ヤラカス舘本店 エール情報システムズ トーセ シーエーシー 日本赤十字社 光文社 日本上下水道設計 立命館大学 電通ヤングアンドルビカム 東京歯科大学 ビービーエムエフ セガ 名古屋大学 吉野家ディー・アンド・シー 東京短資 ネットワンシステムズ 東京理科大学 エヌ・ティ・ティ・データ関西 ファンコミュニケーションズ AXSEED メディコム・トイ 双和電機 シャープ 理化学研究所 京三製作所 ビーグッド・テクノロジー エスシーシー 琉球大学 小学館 熊本ソフトウェア ベンチャーリパブリック KDDI KVH カカクコム さくらインターネット 東京理科大学 新日鉄ソリューションズ 医薬品医療機器総合機構 イメージ情報開発 日興電気通信 アリババ デジタルテクノロジー エイチアイ SAPジャパン 東京工業品取引所 三井化学 ノッキングオン 東京農工大学 リーダー電子 広島市立大学 トゥー ジョイント・システムズ・サービス サンワコムシスエンジニアリング CROSS BORDERS 明治薬科大学 電力中央研究所 NEC Corporation ヤマシンフィルタ ピクセラ ボルテージ ヒトメディア 大学共同利用機関高エネルギー加速器研究機構 アイ・ピー・レボルーション 山口大学 エヌ・ティ・ティ・データ三洋システム エストコスモ 第一中央システムズ ワイズマン たびゲーター USEN 光栄 テクノア 東日本計算センター ほぼ日刊イトイ新聞 ドロップシステム セントラル・コンピュータ・サービス 山口ドメイン トランスネット エイジア 青山学院大学 岐阜大学 東京女子医科大学 カウベルエンジニアリング 京阪電気鉄道 筑波技術大学 バーズ情報科学研究所 シナノケンシ 有限会社アイビージー ナウプロダクション ライブレボリューション 九州工業大学 京都精華大学 シンプレクス・テクノロジー VOYAGE GROUP[ECナビ] アベリオシステムズ オムロン エルアンドシーデザイン 富士ゼロックス インテージ ジークレスト 兵庫県立大学 スペースシャワーネットワーク デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム Fringe81 イー・アクセス 秋田県立大学 エー・シー・エス債権管理回収 明治大学 エム・エス・コミュニケーションズ 国立遺伝学研究所 シーキュー出版 総合ピーアール 群馬大学 早川書房 ライブドア[livedoor.com] ザッパラス 東京工業大学 マイクロアド パナソニック 八十二システム開発 味の素 ゼンリンデータコム トレンドマイクロ 中央大学 ムラウチ 中日アド企画 ウェブクルー デジタルハリウッド WORKPORT チャンスイット エアネット アイアンドエス・ビービーディオー ドゥ・ハウス エヌシーアイ総合システム コンピュータシステム研究所 ゼロスタートコミュニケーションズ シスメックス アプレッソ タイムインターメディア 豊橋技術科学大学 レンタルオフィス クロスコープ 東映アニメーション ネットイヤーグループ 農林水産省農林水産技術会議 駒沢女子大学 シックス・アパート ソフトバンクテレコム リード・レックス 国立国会図書館 大日本印刷 ソフトバンクIDC 地域環境計画 エム・ロジック ベーシック エヌ・ティ・ティ ピー・シーコミュニ オービック 国際基督教大学 エヌエイチケイエンタープライズ インターリンク 主婦の友社 アクティブ・ワーク NIKKO アイ・アール・アイ コマース アンド テクノロジー ワンゴジュウゴ 鳥取大学 メディアインデックス 三菱重工業 アサツー ディ・ケィ 日本デジタル研究所 リクルートエージェント 菱化システム ジャフコ もしも 住友電気工業 ドリコム スターツ出版 東芝 日本技芸 アイティメディア オープンドア バスキュール クルウィット マーズ 大興電子通信 キーポート・ソリューションズ 夢の街創造委員会 京都大学 アクセルマーク 森ビル GMOホステイング&セキュリティ NTTデータテラノス アエリア イーライフ CSKホールディングス アクセンチュア ゲッティ イメージズ ジャパン 法政大学 ユニメディア ネクスト バローズ ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング 比較.com いちよし証券 イメージソース アスカ・クリエイション 三井造船 大塚商会 フリュー エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ 日本電信電話 長瀬産業 ユミルリンク エヌ・ティ・ティ・データ ビットアイル ジップス ケイブ ワンパク 清水建設 丹青社 サイバーマップ・ジャパン ジェイストリーム YICHA アウンコンサルティング サーチテリア アンカーテクノロジー I&Gパートナーズ バンダイ バリューコマース かなめい ジェイアール東日本企画 サクラ工業 ソネットエンタテインメント エヌ・ティ・ティ・ドコモ IMJモバイル ぐるなび プロダクション I・G アドバンス ファーストリテイリング 東北新社 ファクトリアル 時事通信社 サイバードホールディングス マスメディアン アイ・ティー・シー ネットワーク フリーセル みずほキャピタル インテリジェンス 資生堂 三菱総合研究所 北日本港湾コンサルタント ソフト・オン・デマンド ミッションステートメント エイケア・システムズ パワーテクノロジー アビームコンサルティング フェイス イージーユーズ maneo Universal Music Group ジェイマジック ハウフルス 三三 ネットドリーマーズ シンクウェア パソナ コムスクエア 三菱自動車工業 日本オラクル 日本アジア投資 安田企業投資 クレオ

Pocket

Comments

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

16 Responses to 起業後1000日目に見えた限界と今後

  1. yanotakashi says:

    ブログ更新。「起業後1000日目に見えた限界と今後」 http://t.co/euDNPCO

  2. natsukate says:

    起業後1000日目に見えた限界と今後 http://t.co/9v0AHpD

  3. y_yokoyama says:

    拝読する。RT @YANOTAKASHI: ブログ更新。「起業後1000日目に見えた限界と今後」 http://t.co/TsL8Joe

  4. knsk_y says:

    これからはロジカルよりも偶発性を持ち備えたダイバーシティが重要になってくるんでしょうね。僕もそっちの方がワクワクするから好きです。 RT @YANOTAKASHI: ブログ更新。「起業後1000日目に見えた限界と今後」 http://t.co/HUeTGeO

  5. k_o_p_p_y says:

    @natsukate つい真剣に読んでしまった…(^―^) 10年目までうちはあと2年。どうなることやら…。 RT @natsukate 起業後1000日目に見えた限界と今後 http://t.co/6RDBHM1

  6. marirma_s says:

    起業後1000日目に見えた限界と今後 http://t.co/9v0AHpD

  7. masa_27 says:

    ブログ更新。「起業後1000日目に見えた限界と今後」 http://t.co/euDNPCO

  8. shuoono says:

    社外でも地域年齢出身関係なく、同じ意識・共有できるもの同士が繋がり新しい価値を生み出したい RT @yanotakashi: ブログ更新。「起業後1000日目に見えた限界と今後」 http://t.co/D9fHAyo

  9. yanotakashi says:

    仰るとおりですね!RT @knsk_y: これからはロジカルよりも偶発性を持ち備えたダイバーシティが重要になってくるんでしょうね。 RT @YANOTAKASHI: ブログ更新。「起業後1000日目に見えた限界と今後」 http://t.co/p04Nud8

  10. mcyuta says:

    ブログ更新。「起業後1000日目に見えた限界と今後」 http://t.co/euDNPCO

  11. kazunakkam says:

    この一見非常にスマートな印象を与えがちなトンマナに釣られほんとに会いにきた読者が矢野のちゃらすぎるビジュアルに心底ヘコむ、場面に遭遇したい RT @YANOTAKASHI: ブログ更新。「起業後1000日目に見えた限界と今後」 http://t.co/YGNgbxN

  12. livegroove says:

    ブログ更新。「起業後1000日目に見えた限界と今後」 http://t.co/euDNPCO

  13. awawa0203 says:

    起業後1000日目に見えた限界と今後 http://j.mp/nyN64q

  14. g08m11 says:

    起業後1000日目に見えた限界と今後via @YANOTAKASHI http://t.co/0NWWMFmJ

  15. koshix says:

    QT @yanotakashi: 同時に、特定のコミュニティの中で共有されている知識やロジカルシンキングの限界も見えてきた。ロジカルシンキングというのは詰まるところ「同じ事実を共有している限り、みなが、同じ結論に至る」思考方法のことだ。 http://t.co/fEcB5zdO

  16. techiko_san says:

    これは、ホントその通り。 http://t.co/ueeUr7la

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>