自転車屋の小林さん3

Pocket

起業後、144日目。

今日は、自転車屋の小林さんによる経営指南の第3弾。

今回は、資金繰りではなく、「イケてるMTG」の方法を教わった。
教わろうと思った理由は、以下3点。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
①今後、数限りなくMTGする機会はあるわけで、その生産性が低いのは、とてもマズイ。
②なんでもかんでも社長や経営陣が決めて、指示していくというトップダウン式は、前時代的。会社全体の集合知を生み出し、生かしていく会社になりたい。
③②のような会社、僕が社員なら面白くない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
教わった方法論は、大橋禅太郎さんの書いた『すごい会議』。

今回、興奮した点は、小林さん自身が、過去、著者の大橋禅太郎さんから直接、
生でレクチャーを受けており、その小林さんがHALOメンバーにレクチャーしてくれたこと。

だから、本自体の内容を知っていた私も大変興味深く、勉強になった。

「知ってる」と「分かる」と「できる」には乖離があるが、その間を埋めてくれるような濃密な時間だった。以下、内容。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■手順と注意点

①「うまくいっていること」を紙に書いて順番に発表する。
②「うまくいっていないこと」を紙に書いて順番に発表する。
③「②で書こうと思ったが、書くことをためらったこと」を順番に発表する。
④議題にしたい話題を、持ち点制多数決で選ぶ。
⑤議題の「うまくいっていないこと」をポジティブな形(どのようにすれば○○な状態になるか)に書き直す。
⑥議題のオーナーと意思決定方法を確認する。
⑦「どのようにすれば」の施策を紙に書いて順番に発表する。
⑧持ち点制多数決で施策を絞る。
⑨⑥で確認したオーナーと意思決定方法に従い、各施策のオーナーと期限を決める。
※各自の発表内容は、ホワイトボードに「誰がどんなことを言ったか」一言一句書き写す。
※課題が特定個人に起因している場合、「○○という事実・噂がある」というような形で事象。事実にフォーカスする。
※施策は、5W2Hを明確にする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■各手順と注意点の意味・役割

「うまく行っていること」から話す意味⇒重い議題を話す前の景気付け。雰囲気作り。
まず紙に書かせる理由        ⇒他人の顔色を気にせず、発言させる。
延々と自論を展開する輩を出さない。
順番に発表させる理由        ⇒発表できない人をなくす。
ホワイトボードに書き出す意味    ⇒お題を可視化し、時間を短縮する。
自分の意見が尊重されているという受容感を生む。
「書こうと思ったがためらったこと」を発表させる意味⇒それが、最も解決すべき真の課題。
持ち点制多数決にする意味      ⇒自分の意見を残しやすい。
オーナーを決める意味        ⇒うやむやにさせない。
課題を「どのようにすれば~」に変換する意味⇒議論を前向きにする。
課題は、個人ではなく事実にフォーカスする意味 ⇒感情的対立は、正しい結論を導く弊害になる。
施策を5W2Hにする意味      ⇒内容が曖昧では、実行できない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上、こと細かに「なぜそういう手順・注意事項があるのか」ということを説明頂いたので、非常に腹に落ちた。

それぞれの意味や役割が分かったので、次回からくり返し思い出し、実践できるだろう。

また、細かいテクニックは置いといて、「イケてる」MTGを実施する上で、
僕が本質的に欠けていた/うまくいかなかった点についても、考えてみた。

それは、

「人間の弱い部分に対する配慮」

だろうという結論に至った。

例えば、こんな配慮が足りなかった。

・「うまくいっていることなんてどうでもよくて、課題だけ言ってほしい」と私は思い、他人にも強いるが、そんなMTGばかりしていると、普通滅入ってくる。という前提に立った上での配慮。
・「ヤバイこと程、テーブルの上に出した方が良い」と私は思い、他人にも強いるが、実際、そんなことできない人が多い。という前提に立った上での配慮。
・「誰もが問題提起や施策の提案を行うべきだ」と私は思い、他人にも強いるが、気の弱い人や、立場の弱い人の多くは、実際そんなことできないが多い。という前提に立った上での配慮。

童話『北風と太陽』における「北風」みたいな
人間ではなかったかと深く反省した。

「正しいことを正しいだろう」と思って、ストレートに表現したり、他人に強いると、例え、その内容が正しくても、思うようにはならないのだ。

真理は真理として把握した上で、色んな立場/状況/性格を持った他人の視点に立って、
彼らに配慮しながら進行し、束ねて行くのが一流の司会者であり、マネージャーであり、
経営者ではないかと思った。

色んなタイプの経営者がいるが、僕はこういう経営者になりたい。

Pocket

Comments

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

3 Responses to 自転車屋の小林さん3

  1. Bo-zu says:

    SECRET: 0
    PASS:
    都内で経営コンサルタントをしておりますBo-zuと申します。
    いつも矢野様達の前向きな姿にエネルギーをもらっております。ありがとうございます。
    私はファシリテーションやリーダーシップを専門としておりますので、今回の会議の進め方については特に興味深く読ませていただきました。
    私達も普段会議の進め方を指導させていただく機会が多くございますが、内容は
    ①肯定的発言の重視(否定的発言の禁止)
    ②均等に発言する機会づくり
    ③話の中身を残しておく
    という3つの基本ルールを中心にお話しています。矢野様の書かれている内容と同じですね。
    あと一つオススメなのですが、
    ★煮詰まったらやめる
    ことです。
    ダラダラと続けて時間を浪費するよりも、一度会議をやめて翌日再度集まる方が効率的です。不思議なもので、一晩寝かせると脳が情報を整理できるため、熟成したアイデアが産まれます。
    1時間の会議よりも、30分の会議を2回行う方が効率的です。是非試してみてください。
    ついでにおせっかいですが、リーダーシップについての小話。
    我々の世代は褒められ慣れていない、褒め慣れていない人が多く、褒め言葉の語彙が少ないと言われています。
    そこであるマネージャーは「褒め言葉リスト」を作って充実させているそうです。実際に部下・同僚の士気を高めるのに役立っているようです。
    と、長々おせっかいをスイマセン。矢野様には釈迦に説法になってしまうかも知れませんね。
    いつもブログを通して勉強させていただいているので、たまにはこちらからも・・・と思った次第です。
    まずはタンクロ達成おめでとうございます。
    今後も存分にお力を発揮されてください。
    では。

  2. 矢野 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    >Bo-zuさん
    コメント頂き、ありがとうございます。
    「ダラダラと時間を続けて時間を浪費する」よくありますよね。
    別の方は、話し合いの中にfactが少ないから長引くのだと仰っていました。いずれにしろ、長時間のMTGが良かった試しがありませんね。
    また、「ほめ言葉」リストの件、参考になります。
    ありがとうございます。
    リーダーシップ論に関しては、私も気にかけておりますので、また別の機会にまとめてみます。

  3. seiya_fp says:

    @mochan0420 明日の参考にhttp://t.co/NX5vulY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>