オプトの鉢嶺さん

Pocket

起業後、163日目。

今日は、オプトの鉢嶺さんについて。

鉢嶺さんは、前職の会社の社長。

以前、「飲みましょう」と言っていたのを、覚えてくれていたとのことで、今夜、会食が実現した。

起業してからというもの、際限なく疑問が湧き上がっていたので、今日は、鉢嶺さんを質問責めにした。

本質的な質問もあれば、くだらない質問も多々。

・企業理念はどの段階で固まりましたか?
・権限委譲を進めていった結果、最終的に残る社長の役割って何ですか?
・オーラってどうすれば出るんですか?
・資本政策ってどのように考えれば良いですか?
・新卒採用と中途採用ってどっちが良いですか?
・オフィス選びのポイントは何でしたか?
・役員間で意思決定の際にもめたら、最終的にどうやって決めてましたか?
・YEOってどうでしたか?
・器ってなんですか?

どれも丁寧に、そして、ざっくばらんに答えて頂き、とても参考になった。

特に参考になったのは、「器」の話。

鉢嶺さんと言えば、オプト入社時の最終面接を思い出す。
最終面接の場で、僕は鉢嶺さんにこう言った。

矢野:「僕、3年後に辞めて、起業します。そのための勉強をさせてください。
それでも良いですか?」

人材エージェントが横にいたら、顔面蒼白になるような発言。

鉢嶺さん:「いいよ。矢野くんは大きなことができそうな気がするから」

今でも当時のことを振り返ると、ブルっときます。

普通、OK出さないと思う。

正社員採用する人間が3年で辞めると宣言したら、育成コストはどうするんだ?
また採用コストもかかるのでは?

「器」とは、どこまで相手の希望・立場に歩み寄れるか、
言葉を変えると、どこまで利己的な思惑を排除できるか、だそうだ。

利己心の強い人間が、利他的な人間に対すると、
「ああ、この人には適わないな」と思う。

動物で言えば、降伏して腹を見せる。

あの時の面接は、そういう感覚に襲われた。

「オプトを活用して成長しよう」ぐらいに考えていた若造が、
一瞬にして、「この人のために働いても良いな」と思った。

4年の歳月を経て、当時の発言の意味と
「器」が何か分かった。

いや~辞めてなお、勉強させて頂きました。

鉢嶺さん、本当にありがとうございます。

Pocket

Comments

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>