起業家育成セミナー1(オプト鉢嶺さん)

Pocket

起業後、212日目。

6/4(木)、下記セミナーを実施した。

HALO主催 起業家育成シリーズ1

⇒詳細は、伊勢くんブログ参照ください。

以下、矢野感想。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■鉢嶺さんは真実の人

成功者が持つ要素には、以下の10コがあると言われている。

ビジョン/戦略/情熱/真実/柔軟性/リスク
人の輪/行動/優先順位/自己管理

鉢嶺さんの場合、「真実」の部分が突出している。

鉢嶺さんの起業エピソードには、否認や空想、虚構がない。
その語り口も、自分自身や他の人に対して、「事実をありのままに語る」

・創業以来5年間、一向に利益が出なかった
・個人の夢を集約し、会社のビジョンを定めた
・効果測定できない広告は、胡散臭い商売
・自分の執行能力は大したことない
・飛躍したのは、海老根さんのおかげ
・ネットにはこだわりがない

コレらのことを心底認め、正面切って他人に言うことは、
常人には相当難しい。

それが真実だとしても、認めるには辛いこと、
他人に語るにははばかれることはたくさんある。
余計な虚栄心や常識も真実を邪魔する。

「真実を見つめ、受け入れ、発信する」

コレが鉢嶺さんの強さであり、オプト躍進の原動力だと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ビリヤードの白球

僕が考えるに、この鉢嶺さんの強みは、ビリヤードのように、以下に連鎖した。

1.外部の真実を見つめる   ⇒ 常識を覆す新サービスを立案する
2.自社の真実を受け入れる  ⇒ 問題解決に必要な課題の特定と認識ができる
3.正直なリクルーティング  ⇒ 信頼から人が集まる
4.正直な資金調達      ⇒ 信頼から資金が集まる
5.自分の弱みを認める    ⇒ 人に任せる

さらに、この5つが相互にうまいこと連鎖した結果、
2004年に「上場」という名のポケットに8番ボールが入った。

最初の白球は、

鉢嶺さんの「真実を見つめ、受け入れ、発信する」姿勢。

鉢嶺さんのファーストショットは、
真っ直ぐ力強いので、他の球が勢いよく散らばる。

鉢嶺さんはよくベストを着てらっしゃるが、
ハスラーであることを自認しているのかも知れない。

僕も、経営において重要な球を突く際は、
「真実を見つめ、受け入れ、発信しているか」
自問しようと思う。

次回は、07月09日にアドウェイズ岡村社長と対談です。
初対面、実に楽しみだ。

お申込みは下記より。
HALO主催 起業家育成シリーズ2


Pocket

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です