HALO内研修1(クリティカルシンキング)

Pocket

起業後、277日目。

先日より、HALO内で初の研修を開始した。

クリティカルシンキング研修。

ハロの採用基準の一つ、「地頭」を磨くためだ。

以下のステップで進めている。

ステップ1:課題図書([新版]MBAクリティカル・シンキング)を読む
ステップ2:ケーススタディの回答を持ち寄り、ディスカッション
ステップ3:日々の業務・プライベートの中で、意識的に実践する

以下、研修やってみて気がついたこと。

・イシュー(論点)を踏まえずに、回答や施策を考えだしがち
・むやみに既存のフレームワークを多用しがち
・相手の立場に立ててないことが多い

多数の弱点が露呈したハロメンバーだったが、今は、ステップ3を楽しみつつある。

照れくさそうに、
「イシューはなんだ!?」
「何が言えれば良いか!?」
「キーメッセージに80%の説得力があるか?」
「それはMECEか!?」
「HOW?WHY?TRUE?」

とか言って、ワイワイキャッキャするのがブーム。

以下、一例。

イシュー     :「最近、○○さん(女子)は、利岡のことを好きになっているのではないか」
メインメッセージ:「○○さんは、利岡のことが好きである」
キーメッセージ :①○○さんから利岡へ送られる携帯メールの通数が、先月比1,5倍に増えた。
②○○さんから利岡へ送られる携帯メールの本文に、ビックリマークが多い。
③○○さんが利岡へ接する際は、常に笑顔である。

突っ込み①:「好き」の定義はなんだ?
突っ込み②:「最近」とは、具体的にどの期間を指すのか?
突っ込み③:ハートマークならまだしも、ビックリマークと「好き」は関係ないんじゃないか
突っ込み④:○○さんは、オレに接するときも笑顔だぞ。
突っ込み⑤:キーメッセージの証拠を見せろ(ケータイ見せろ)
突っ込み⑥:このキーメッセージじゃ・・・「メールが好きで、笑顔を絶やさない子」ぐらいしか分からないのでは?利岡が○○さんを好きなことは、よく分かった!

⇒実にバカバカしいが、楽しい。

成長期→成熟期へ移行しつつあるネット業界では、今後、ゼロベースでモノを考えられない会社や人は淘汰されていくと思っている。

今から準備しないと、間に合わない。

Pocket

Comments

comments

“HALO内研修1(クリティカルシンキング)” への4件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    自分の事「キャメロン」て呼んでる痛い女と会ったんだがお嬢すぎワロタwww
    キャメロンにとっては1 万とか紙きれらしくて、
    普通にセ ク ロ ヌするだけで2 0 万くれたしwwwwwwwww
    マジキチwwwwwwww
    まーそのおかげで俺が潤ってるんだからもっと狂って下さいwwwwwwwww
    http://yuzo.plusnote.net/cHP3zXD/

  2. SECRET: 0
    PASS:
    せっかくなのでコメント残していきますねぃ!初コメですw(・ω・)/
    あ、私はRioって言います、いきなりですみません‥汗
    ブログ検索見つけて趣味あうなって思って書き込みしてみました!面白い内容デスネ!ww
    もしよかったら仲良くしてくださいネ(〃ω☆)♪住所も近いみたいだね♪
    また遊びに来ますね‥って言いたいトコロなんですけど、もともとモバイル版しかやってなくて‥よかったらアメブロじゃなくてモバイル版に連絡もらえないかなぁ?
    http://ameblo.hatenkou.info/rio.html
    これがモバイル版の私のプロフです、ここ私の招待ではいれるようになってるよ☆
    アメブロはあんまりログインしてなくて放置気味なんだ…汗、まだちゃんとプロフも作ってないんでモバイルのほうが見やすいデスヨ!
    できれば返事はモバイル版でプチメしてもらえるかなぁ?モバイルなら返事もすぐデキルヨ!お願いね=3
    ★☆Rio☆★

  3. SECRET: 0
    PASS:
    おお!クリシンしてますね!
    グロービス一番人気のクラスですよね。
    クリシンして議論すると、奥底深いところまで到達できますが、ものすごく頭が疲労します(年のせいか。。。)
    酒を飲まなくても早寝できる効果もあります。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます。
    最近、出会い系?の書き込みしかなかったので、新鮮です。
    酒を飲まなくても早起きできるんですか?
    新しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です