会社の看板

Pocket

起業後、291日目。

最近、既存のお客様から、別のお客様をご紹介頂くことが、少しずつ増えてきた。

「うちはハロを使ってみたけど、良かったよ。
だから、おたくもどう?」

と薦めて頂く。

この場合、推薦を受けてから、訪問・提案に上がるので、
弊社への信頼度がとても高い状態から商談がはじまる。

ここ1年、

「ハロって何者?」という信用ゼロのところから、
「そこをなんとか!!」といった感じで、お取引を開始させて頂いてきた。

「断られてからが、勝負」だと思ってやってきた。

だから、

最初から信用頂けるなんていうことは、奇跡に思える。
「有り難い」という言葉では足りない。

起業する前、諸先輩方に「矢野くん、会社の看板外すってことが、どういうことか分かってる?」と忠告頂いたことが多々あった。

そのときは、
「分からないけど、その状態に興味あります」という心境だった。

今、忠告の内容を噛み砕いてみると、
「今、君が仕事をとれるのは、今の会社の信用があるからで、
その信用は、君がつくったものではなくて、会社の先輩方がつくったものだよ。
それがゼロになったら、そう簡単に仕事なんてとれないよ。どうなっても知らないよ!」

という警告だった。

1年ですごく良く分かったのは、

ゼロから信用を築くのは、大変。
リスクも大きいので、危険。
どうなるか分からない期間が長いので、怖い。

しかし、

ゼロから信用を築けたら、最高の充実感が待っている

ということ。

「会社の看板外すってことがどういうことか、分かってる?」

と問うた後に、

そのリスクとリターンが、両方語れる大人はカッコ良いと思う。

「おどす」大人が大勢を占めるので、

「けしかける」大人代表であろうと思う。

「あのオジさんと話すんじゃありません」
と陰で言われるような、危険なオヤジ道を歩みたい。

Pocket

Comments

comments

“会社の看板” への1件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    私、やはり何も言ってもらえないままだと納得が出来なくて…http://tiny.cc/uBnadに記載したアドレスからハッキリ無理と言ってもらえたら諦めもつきます。金額面や迎えに行く事でも納得してもらえる自信はあったんです。でも何も答えてもらえないのは辛すぎます。顔を見てタイプではなかったのならそれも1つの理由です。でも言ってもらえないと諦め切れないので遠慮なく言ってください。信じて待っているのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です