起業家育成セミナー5(エフルート尾下さん)

Pocket

起業後、333日目。

今日は、表題の第5回目。

「継続は力なり」と言うが、早いものでもう5回目。
ずーっとコレを続けたら、社長マニアになれそうだ。

今回は、エフルートの尾下順治さん。

元々、投資先だったエフルートにハンズオンで携わり、同社の社長になられた方。

以下、尾下さんコメント(抜粋)
―――――――――――――――――――――――――――――
【人材育成について】

・「育ちたい」と思わせることは無理。
・「育ちたい」を手伝う環境を整えることは可能。

【自分と会社の成長について】

・PDCAは螺旋
・一つ一つをやりきらないと、上にいけない。

【日本のモバイルと世界について】

・今後、インターネットが普及する国は、モバイルからはじまる。
・日本のモバイルは、パッケージ性と老若男女カバー率がスゴイ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やはり、成長のモチベーションを
そもそものところから植えつけるのは無理らしい。

火種みたいなものは、その人が既に持っていて、
他人ができることは、その火に油を注いだり、煽ったりすることだけだ。

この意識は採用時にも、育成時にも大事な感覚になると思う。

また、PDCAの話はその通りだ。
なんとなく回していたのでは、一向に上にいけない。
1回1回をやりきることが最も大事で、その上で成功できたら御の字
くらいの意識で取り組むと良いだろう。

しかし、そもそもPDCAの螺旋を全力で登るには、
その源泉として、とても大きなモチベーションが必要だ。

興味のないことに対して、ネチネチPDCA回してたら、気が狂いそうになる。
結局、使命感や志みたいなものが一番大事なんじゃないだろうか。

そして、その火種は本来人が持っているもので・・・
と前段の方の話に繋がる。

自分の志について、毎朝、確認した方が良い。

Pocket

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です