HALOの採用5(エントリー from韓国)

Pocket

起業後、385日目。

今日は、韓国からの採用エントリーについて。

11/20に応募書類の受付を締め切った。
予想を上回るたくさんの応募を頂き、とても嬉しい。

これまで、僕の願いと仮説を元に、韓国での採用活動を進めてきた。
情報は、ほとんどなかった。

日本の人材会社さんに複数相談しても、「面白いことやりますね」みたいな
反応は返ってきたが、具体的なアドバイスを頂けたところは、グローバルタッチさんの1社を除いては、皆無だった。

そんな中、単身初めて韓国に行ったのが、今年の9月。

金浦空港からソウルへ向かうバスの中は、孤独だったことを思い出す。
運転手に英語を話しても、通じない。
日本語も通じない。ハングルもダメ(僕の語学力の問題)。

視察に行くと決めてから出発するまで、ほとんど時間もなかったので、
日本語のガイドブックや地図も、持ち合わせていなかった。

どうしようもないから、バスの運転手の横にベタ付きした上、
「next myondon?」と5分おきに質問した。

空港からミョンドンまでは、1時間以上かかったので、
12回以上「next myondon?」を繰り返したことになる。

6回を超えたあたりから、「まだだって言ってんだろ!」とよく叱られた。

採用云々の前に、「ソウルへ到着できるのか」
こういうところからスタートした採用。

今日、100以上の応募エントリーシートをすべて拝見させて頂いたところ、

「ずっと就職活動を続けてきたが、初めて、自分の理想・価値観に
合致する会社だと思った。是非、入社したいです」

という記載が多数あり、とても感動した。

海を隔てて、通じた!

そして、海を隔てても、HALOに入社したいという学生がこんなにいる!

今の気持ちとしては、応募してくれた方全員に入社して頂きたいくらい
有り難い気持ちでいっぱいだが、事業計画上そうもいかないのが、心苦しい。。

来週、いよいよ韓国での筆記試験と面接がはじまる。

5次選考まであるので大変だと思いますが、是非、チャレンジください。

1点、筆記試験について、補足説明します。
HALOでは、地頭力を見るために、「フェルミ推定」を出題します。

韓国では、「地頭」という言葉自体、
聞いたことがない方もいると思うので、以下、補足します。

以前のエントリー(地頭と採用)

「フェルミ推定」については、検索して調べてみてください。

ちなみに、こないだHaloが日本人向けに出題した問題は、
「日本にネコは何匹いますか?」でした。

彼は、解答に至るまでのプロセスがしっかりしており、
且つ、算出したネコの数が実数の2倍以内に納まったので、
内定を出させて頂きました。
※同じ問題は、二度と出しません。

韓国でお会いできることを楽しみにしてます。

Pocket

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です