【Follolinで緊急支援広告を開始】東北地方太平洋沖地震を受けて

Pocket

起業後、852日目。

東北地方太平洋沖地震被災者の方々へ
心より、お見舞い申し上げます。

安否をお祈りするだけでなく、何か、具体的な形でお役に立ちたいと考えました。そこで、弊社が保有するTwitter特化型のADネットワーク「Follolin」(フォロリン)を活用することにした。

具体的には、以下の公式アカウントについて、本日(3月12日)3:20頃より、無料で広告掲載を開始させて頂いた。

・総務省消防庁(@
・気仙沼市危機管理課(@
※総務省消防庁および気仙沼市危機管理課のご担当者様へは、
本日(3月12日)3:52時点で、許可をとっておりません。

以下、広告掲載中のバナーになります。こちらを、Follolinが提携する20以上のPCサイト、モバイルサイトに掲載させて頂いている。

Halo effectHalo effect

通常、企業のTwitterアカウントを支援する本ADネットワークを
今回、緊急支援措置として活用させて頂いた理由は、以下の通り。

・緊急時の強力な情報インフラとして、Twitterが機能していることを確認した。
・本地震に関する個人Tweetには、有益なものも多いが、一部デマも見受けられる。公式Twitterアカウントによる、正しい情報を、より多くの人が取得する必要があると思った。
・Twitter関連のサービス・メディアをネットワークする立場として、大義を感じた。

以上、心より、お見舞い申し上げると共にTwitterによる正しいリアルタイムな情報を活用して、「1人でも多くの命が救われますよう」微力ながら、支援させて頂きたい。

本件に関するお問い合わせは、@YANOTAKASHIまでご連絡ください。

Pocket

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です