HALOの採用2 in韓国

Pocket

起業後、324日目。

今日は、韓国出張の続き。

滞在したソウルのミョンドン(日本の渋谷みたいなところ)は、とても活気があった。
Halo effect

この2日間、クォンさんと某商社様のご協力を得て、以下の通り、とても充実したスケジュールとなった。

・韓国の新卒15名ほどに個別インタビュー
・IT・デザイン・日本語を学ぶ訓練学校(生徒15人のクラス)を視察
・日本への就職を斡旋する学校および韓国政府の要人にご挨拶&名刺交換
・某商社様の実施する採用用のグループディスカッション(約10名)に同席
・タクシーの運転手(4名)へのヒアリング調査

Halo effect
↑訓練学校での一コマ。

白板に、HALOの採用基準を書いた。
その後、みんなでサムギョプサルを食べた。

以下、感想(当初仮説の検証)。

1:韓国の大学を卒業した新卒は、ハロの求めるターゲットとなりえるか。
⇒なりえる。

特に、「野望」と「ストレス耐性」は、昨今の日本人にないものを感じた。
加えて、語学力が半端ない。SKYと呼ばれる一流大学の学生であれば、日韓英の3ヶ国語を話すことも可能。

・日本語検定1級(ビジネスでも使えるレベル)
・TOIEC900点以上
・韓国語(ネイティブ)           こんな人達がザラにいる。

背景は、国レベルでの向上心と過酷な受験戦争。
日本がゆとり教育に入った時期に、彼らはますます競争激化。
語学習得のために、ご両親が私財を投じて、カナダ・アメリカ・オーストラリア
フィリピン・ベトナムなどに小・中学生の頃から語学留学させる。
大学入ってからも、みんな塾に通うと言うのだからスゴイ。
大学近辺で最も多いのが、居酒屋で、次が学習塾だというのだから、驚きだ。

地頭は、本格的にテストしてみないと分からないが、大学の講義もとても厳しく、常にWhyとHowとプレゼンを求められるとのこと。

加えて、最近では複数専攻性(例:文学部と経済学部)を採用しており、
複視眼的なモノの見方をする土壌がある。

面接での志望理由や自己PRも、骨太で聞き応えがあった。
就職活動におけるグループディスカッションも、「経験するのは今回がはじめて」
という学生が大半だったが、日本人学生で言えば4~6月レベルであるように感じた。
(韓国の就活は9月~スタートする)

2:韓国人学生のニーズは何か?

Ⅰ:習得したスキル・語学を生かしたい。
Ⅱ:海外で就職して、さらなるスキルアップを目指したい。
Ⅲ:日本の文化や商品、とりわけコンテンツ産業に対する憧れが強い。
Ⅳ:若者も発言・活躍できるフラットな企業文化。インフォーマルリーダーへの期待。
Ⅴ:成果主義

特に意外だったのが、ⅣとⅤ。
韓国と言えば、「儒教を背景にした上下関係を重んじる文化」という印象があったが、
アメリカを範とした国内教育と海外留学の経験が、若者の価値観に変化を起こしているように思えた。

ⅠとⅡは、「自分の力で生きていくんだ」というような迫力が伝わってきて、とても頼もしく思えた。

3:韓国も就職難と聞くが、本当か?
⇒本当。

新卒の面接に、既に卒業した人がわんさかいた。聞けば、今年の3月に卒業予定だった学生のうち、約3割が就職できずに卒業したとのこと。

背景は、以下3点。

・2008年採用分について、政府主導で大量採用を行った
・昨今の世界不況
・超大手およびソウルへの一極集中

とりあえず、サムスンなどの超大手企業に皆就職したがるが、
2008年採用枠で大量採用したことと世界不況により、これらの超大手企業が採用を大幅抑制。

加えて、日本とは異なり、中小企業のゾーンがとても薄い。ソウルとソウル以外の格差も著しい。

だから、超大手の就職を逃したら、地元又は自営業のような零細企業に一気に落ちる。天国と地獄のようなものが存在する。中間がない。多くの優秀な学生が、この溝にはまって苦しんでいるとのこと。

ちなみに、HALOが韓国へ面接しに行き、採用に至れば、史上3社目とのこと。
1社目は、昨年、韓国の大手新聞社の一面をさらった。

今回の調査およびインタビュー結果は、サンプル数が少ないことと、
僕の期待も含めたバイアスがかかっているため、あくまで感想文レベルに留まるが、
韓国人材の質と日本企業の採用モチベーションには、大きなギャップを感じた。

理由は色々考えられるが、今回、「韓国人学生の採用を考えており、調べている」と様々な韓国人の方に話したところ、「あら、変わった人ね。物好きね」という反応が一様に帰ってきた。

本目的で韓国出張する日本人や日本企業自体、少ないのだと思う。
だとすれば、非常にワクワクする。

結論、今回の出張で得た自分の直感を信じた上で、このギャップを、HALOはチャンスとして捉えたい。

明日帰国後、ハロのメンバーに全力でプレゼンする。

最後に、急遽、「韓国に着いていきたい」と言った私のわがままを
見事に実現し、素晴らしいスケジュールと出会いを組んでくださったクォンさんと
いきなり登場した私に対して、自社の面接やグループディスカッションを見学させて頂いた日本の商社様と
終始、歓迎&親切にして頂いた多くの韓国の皆様へ
御礼を述べさせて頂きます。

ありがとううございます!
Thank you!
カムサハムニダ!

世界は愛に溢れてる。
こういうのは、返していかなければいけない。

Pocket

Comments

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

2 Responses to HALOの採用2 in韓国

  1. 三本壮馬 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    失業率問題にわく日本社会と、優秀な人材を求めて海外へ目を向ける日本企業という構図が浮かびました。韓国の人材は考えることがなかったので、よい情報ありがとうございます。

  2. 矢野 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    >三本さん
    mixi、たまに拝見してます。
    韓国に限らず、海外へ採用しにいく日本企業は、今年少ないみたいですよ。
    理由は、不況と鳥インフルエンザ。
    韓国以外の情報も収集中なので、またお届けしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>