企業カルチャー3

Pocket

起業後、326日目。

今日は、企業カルチャーの3回目。

結論から言うと、まだ決まってない。

僕の中では、一旦決まったのだが、Haloのみんなに相談し、話し合いの中で
コンセンサスをとる過程で、非常に時間がかかっている。

HALOでは、役員のみならず、社員全員でカルチャーを
決めるプロセスを共有している。

「実現可能性が低そう」「ワクワクしない」「カッコ悪い」
「普通すぎる」「コレも加えたい」「文章として美しくない」など、
みんな好き放題言うので、なかなか決まらない。

思えば、企業理念を決める際も、役員全員の合意を取り付けるまでに、半年ほどかかった。

伊勢くんは、なんでもかんでも広げたがるし、
中林さんは、冷静に現実を見つめ、ダメ出しする。
正直、最初の頃はかなりイライラした。

確かに、コレらは、価値観や哲学やセンスにも関わる分野なので、
時間がかかるのは、当たり前だ。最悪、まとまらない、なんてこともあるだろう。

そもそも、こんな上位概念について、みんなで一緒に考えて、
コンセンサスまでとろうとすること自体、「無謀 又は 宜しくない」という経営者も多々いらっしゃると思う。

企業理念やカルチャーは、社長が「えいや」で決めて、トップダウンで卸すべきだと。
(色々調べたところ、こういう決め方・卸し方の方が圧倒的に多いようだ)
そういうやり方を選択するメリットも気持ちもよく分かる。ときに、誘惑にかられたこともあった。

しかし、

「理念や企業カルチャーが、形骸化している会社がほとんど」
「似たりよったりの理念や企業カルチャーがとても多い」
という問題を認識していたので、決定の仕方自体に工夫をしないといけないと思った。

「こういうモノの決め方は、こうと相場は決まってる」に身を任すには、
あまりにも失敗事例が多すぎる。

その解が、

「意思決定プロセスにみんなを参加させる」だった。

理由1:自分が社長じゃなかったら、上からドンで価値観を落とされるのは嫌
⇒みんなで決めないと、実行されない。

理由2:社長自身が理念やそのカルチャーに従うのは、
確定するまでのプロセス(調査&回想&熟考)を体験しているから。
⇒みんなで決めないと、実行されない。

理由3:相対する価値・命題が、お互いに否定しあう過程を経て、
両社を生かした形で統合すると、より高次元の総合価値・命題が生まれることがある。

理由3は分かりにくいので、以下、例。(「ヘーゲル弁証法」とか言った気がする)

「僕は【焼きそば】が食べたい」(テーゼ)
「私は【パン】が食べたい」(アンチテーゼ)
「それなら【焼きそばパン】を食べようよ」(ジンテーゼ)

みんなで話し合って決めると、
より高次元、且つ、オリジナルのアウトプットが出る可能性がある。

というわけで、

時間がかかっても、イライラしても、気まずい雰囲気が流れても、
企業カルチャーもみんなで決めることにした。

だが、実際にやってみると、めちゃくちゃ難しいことが分かった。
こういう類のファシリテーターが、一番難しいんじゃないだろうか。

単なる多数決ではいけないし、足して2で割ったような答えでもいけない。
論理的に説得できない箇所も多々ある。
経験が共有されてなければ、相手の意図すら分からないこともある。
議論が白熱してくると、どんどんイシューから外れてくる。

だから、

たくさん本を読んだ。
他の経営者や社員、大学生にもなるべくたくさん会いに行き、話を聞いた。
そして、何回もつくっては、壊した。
多くの目的意識、時間、忍耐、情報、そしてスキルを必要とした。

その甲斐あって、「良いカルチャーだよね」
という空気が社内に生まれつつある。

「このカルチャーを元に、様々な意思決定を続けたら、
どんな未来が待っているのか、非常にワクワクする」と思えるとこまで来た。

今まで見たことのない景色を見てみたい。

Pocket

Comments

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

2 Responses to 企業カルチャー3

  1. SECRET: 0
    PASS:
    企業理念やカルチャーは、社長が「えいや」で決めて、トップダウンで卸すべきだと。
    (色々調べたところ、こういう決め方・卸し方の方が圧倒的に多いようだ)
    →これやってたらたぶん解散してたね~
     おそらく全員がトップという認識でいるから。
     それが強みだと思ってる。
    実際にやってみると、めちゃくちゃ難しいことが分かった。
    こういう類のファシリテーターが、一番難しいんじゃないだろうか。
    →ファシリテートスキルは磨かないといけないね。
     クリティカルシンキングの次はここかな。
     全員がビューティフルな進行ができる組織。
    ブレインをフラットな視点で一枚の紙に落とし、
    そこからセレクトする、
    という手法を実践したいと思う。
    「広げて、セレクト」する。
    このどっちもがハイレベルじゃないといけない。

  2. 矢野 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    >イセくん
    >おそらく全員がトップという認識でいるから。
    >それが強みだと思ってる。
    ⇒agree.
    しかし、ともすると、放任&無政府状態になりやすいから。その点も考慮しないといけないね。
    >→ファシリテートスキルは磨かないといけなね。
    >クリティカルシンキングの次はここかな。
    >全員がビューティフルな進行ができる組織。
    ⇒agree.
    部署別のビジョン・ミッション・成功指標もこの方式でつくってほしい。
    ファシリテートスキルの習得は課題だと認識しているので、座学と実践を両方用意したい。
    >「広げて、セレクト」する。
    >このどっちもがハイレベルじゃないといけない。
    ⇒agree.
    そういう意味では、矢野とイセの組合せは実に良いと最近思う。
    以下の本がオススメです。既読ならすまぬ。
    決断の本質 プロセス志向の意思決定マネジメント (ウォートン経営戦略シリーズ) (単行本)
    http://www.amazon.co.jp/%E6%B1%BA%E6%96%AD%E3%81%AE%E6%9C%AC%E8%B3%AA-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E5%BF%97%E5%90%91%E3%81%AE%E6%84%8F%E6%80%9D%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E7%B5%8C%E5%96%B6%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB-%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88/dp/4901234943
    概ね、了解してるから安心してね。
    共にすごい組織をつくりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>