HALOの採用4(会社説明会 in韓国)

Pocket

起業後、360日目。

今週末、韓国のソウルでHaloの会社説明会を行った。

ソウル大学/高麗大学/延世大学/高麗大学/成均館大学/韓国外国語大学
の6校で開催した。

説明会は、以下のような大教室をお借りして行った。
久々のマイクによる説明に、少しテンションが上がる。こういうの好きだ。

Halo effect

相談会は、以下のようなブースをお借りして行った。
とある大学では、世界のSAMSUNGの隣だった。衝撃的なデビューw

Halo effect

韓国現地で日本企業が会社説明会や採用を行う例は、HALOが3社目。

その上、モバイルマーケティングという聞きなれない業種であり、
且つ、創業2期目のとても若い会社である。
「学生が来てくれるかどうか」とても心配だった。

結果、多くの学生に来てもらい、とても有意義な出張になった。

ご協力頂いた韓国の政府・大学の方々 および グローバルタッチのクォンさんには、
とてもお世話になった。ありがとうございます。

学生から色々と質問を受けたが、最もよく聞かれたのは、
「なぜ、わざわざ韓国まで来て採用を行うのか」ということだ。

理由は3つある。

1:国籍のセグメントを外すことによって、「地頭」「野望」「耐性」「価値観」の4点を備えるターゲットの母数を大きくしたい。

2:日本と韓国では、就職活動の時期が異なる。
HALOは、2010年04月入社の新卒を求めている。

3:「海外進出を行う」というビジョンがあるので、早めに
異なる国・文化を持つメンバーを迎え、その日に備えたい。

きっかけは、私が大学生だった頃に一緒に飲みに行った延世大学からの留学生。
遊び呆けていた僕とは一線を画すその勤勉さに圧倒されたこと。

「会社は人が資本」と言うが、我々のような業界においては、
「人がすべて」と言っても過言ではない。

何か特別な製品や技術があるわけじゃない。
あったとしても、すぐに真似される。

だから、常識を取っ払って、「どんな人を厳密に求めるのか」再定義した。

とは言え、前例が少ないだけに、
HALOにとっても韓国の学生にとっても、困難は多いだろう。

既にできてる道ではなくて、自ら拓かなければらない。
絶対、成功させる。

Pocket

Comments

comments

“HALOの採用4(会社説明会 in韓国)” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。矢野さん。
    私はユウと申します。韓国人で、会社説明会を行われた大学の学生です。
    会社説明会には地理的な理由から参加できませんでしたが、後で貴社のことをブログサイトで偶然紹介させていただきました。
    ブログでの紹介や公式ウェブサイトで貴社の事を拝見させていただいて、魅せられました。
    今エントリシートを作成している最中ですが、提出の際にはどうぞよろしくお願いします。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます!
    韓国の学生からアメブロの書き込みがあったことに、ビックリすると共に感動しました。
    ご応募お待ちしております!!
    不明点などあれば、recruit@halo-web.comまでお気軽にお問い合わせくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です