ビジョンと死

Pocket

起業後、386日目。

今日は、ビジョンと死について。

学生に対するエントリーシートの中に、「あなたの将来のビジョンを教えてください」
(1年後/3年後/5年後/10年後/30年後) という項目を入れている。

学生からの多くのエントリーシートを見ていて感じたのは、
自分の時間感覚よりも、多くの人がゆっくりしていることだ。

以下、2005年に、私が前職の会社に入社した時(25才)のビジョン

2006年:NO1営業になる
2007年:新規事業立ち上げを経験する
2008年:独立
2013年:上場
2016年:『AERA』の表紙を飾る

実現可能性はさておき、けっこう早い。

この機会に、「自分は、なんでこんなに生き急いでいるのか?」考えてみた。

原因は、自分が20才のときに、
大事な人が49才で亡くなっていることにあると思われる。

この疑似体験によって、自分も49才で死ぬものだと思っている。
残された時間をすごく意識すると共に、焦る。

具体的には、「他の人よりも、1.63倍のスピードで生きなければいけない」
という意識がどこかにある。
(算定根拠:日本人男性の平均寿命(80才)÷自分の寿命(49才)

若くして近しい人を失うことは、悲しいことではあるが、
2つほどメリットがあるので、そういう体験のない方の為に、こそっとお伝えする。

1:ゴール(死)から逆算して、ビジョンを確立することが容易になる。
2:意思決定に際して、どうでも良い枝葉を切り捨てて、本質を捉えた選択ができる。

1:ゴール(死)から逆算して、ビジョンを確立することが容易になる。

自分のビジョンが達成できるかどうかは、自分のスペック・努力・外部環境などによって、大きく左右される。なので、不確実極まりない。

しかし、一つだけ確実なことがあって、それは、誰もがいつか死ぬということだ。「では、いつ死ぬのか?」ということが問題になるが、仮でも良いから、「えいや!」で設定しておいた方が良い。ココが決まらないと、逆算できないから。

何かの目標を達成したり、スピーディーに問題解決したりする際に、仮説思考が有効だと言われているが、ビジョンの確立はその代表だと思う。早めにビジョンを掲げることができれば、その進捗を確認し、軌道修正することも容易になり、実現可能性が高まる。

ポイントは、この「えいや!」で決める死のタイミングをどれくらいリアルに想像できるかにある。

その際、近しい人の死が参考になる。

コレが、ビジョンに時間軸を与える。

2:意思決定に際して、どうでも良い枝葉を切り捨てることができる。

「いずれは死ぬ」ということを前提にした場合、目の前にあるものや選択しようと思っていることに対して、より本質的な意思決定基準を持つことになる。

例えば、多くの人は、外部からの期待やプライド、恥や失敗を恐れて、
本当に価値のあることを見失うが、

死んだらこういうモノは、どっかに消えてなくなる。

残るのは、生きていた頃に付き合った人との心の絆と
後世の人に役立つと判断されたモノ(志・芸術・真理・法則・商品・技術・サービス・人など)だけだ。

つまり、「どうでも良いこと」と「とても大事なこと」の分別がつくようになる。

分別をつける際、参考になるのが近しい人の死だ。

コレが、ビジョンに方向性を与える。

以上、ビジョンの決め方にも色々あると思うが、
僕の場合は、死を軸に考えている。

きっかけをくれた母親には、とても感謝している。

Pocket

Comments

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

3 Responses to ビジョンと死

  1. says:

    SECRET: 0
    PASS:
    これは、ここ何年かの自分のなかの難問だ。
    経験的に、死へのリアルな想像と、鉄の意志と行動力との強い相関は確実にある。
    強い相関を仮定した上で、他の人にも求めるべきなのかは、重要な未解決問題だ。
    昔、マッキンゼーのエントリーシートに同じ質問があって、オレは10年後の目標に、
    「結婚したいと思える人間になること」
    って書いた。
    オレの価値観では、結婚とか子供は、死を意識することと、逆の命題なのね。
    自分の死を意識するなかで、誰かの愛情には責任を持てない。
    結婚とか、子供に同じ世界を見せたいと思うことは、現在と未来に希望を持っていることだとしたら、
    希望を持つことと死を意識することも、オレにとっては、矛盾する命題なんだけど、そこんとこどうよ?
    だから、今の自分は、これでベストを尽くしてると思うけど、
    オレは、他の人に自分のようになれとは、思わない。

  2. 矢野 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    >>★
    まず、結婚することや子供を作ること=相方や子供に対して自分が全責任を持つ、という考え方おおよび「子供に同じ世界を見せたい」と思うこと自体、「おこがましい」というのがオレの考え。
    全責任は放棄した上で、
    自分の死をリアルに想像することによって、死後に残された世界や家族に対する想像(責任感じ)も芽生えるというのがオレの考え。
    例えば、遺言というものがあるけども、
    若いときや元気なうちに遺言を書くことは稀で、
    老いたり病気になったら遺言を書く人がほとんどだよね。
    「何をもって死後の責任とするか」は、人の考え方だけど、責任のレベルはさておき、死への想像によってその責任感は強くなると思うよ。
    だから、オレの中では矛盾してないっす。
    勿論、違う考え方の人もいると思うので、
    その考えを無理にすすめたりはしない。

  3. ys_max says:

    先輩に教えてもらったやつ ビジョンというとビジネスチックになるけど、シンプルに考えるといい ビジョンと死via @YANOTAKASHI http://t.co/0ghrgnTZ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>