「KLOUTスコアが高い企業は、何がちがうのか?」100社の徹底比較から見えたこと(サマリー)

Pocket

起業後、971日目。今日は、「KLOUTスコアが高い企業は、何がちがうのか?」について。(本エントリーは、「SOCIAL GENERATION」へも寄稿しています)

前回のエントリーでは、「Kloutスコアとは何か?」について紹介した。

簡単に言うと、「Twitterにおける自分のアカウントの影響力が分かる」ツールだ。詳しくは、上記のエントリーを参照頂きたい。※最近では、FacebookやLinkedinへも対応し、ソーシャルメディア全般にその測定範囲を広げている。

今回は、このKLOUTスコアを軸に、有名企業のTwitterアカウントを100社分、徹底比較してみた。

なぜ、こんな面倒で細かい調査を行ったのかと言うと、顧客の皆さんが、具体的な運用方法を知りたがっているからだ。

ソーシャルメディアマーケティングの概念を語ったり、SNS上にアカウントを作ったり、単発のキャンペーンで満足する時代は終わったようだ。最近では、日々、手を動かす運用によって、成果を出していくことが求められるようになった。

にも関わらず、こんな声をよく聞く。

「Twitterアカウントの運用を続ける上での成功指標があいまいです。自己流の運用を続けているのですが、コレで合っているのかどうか?自信がなく、悶々としています」

「より具体的な」成功指標と「より具体的な日々の」運用が求められているのだ。

だから、「KLOUTスコアが高い企業は、何がちがうのか?」考察を行った。具体的な比較項目は、以下の通り。

KLOUTスコア/Tweet数/フォロワー数/フォロー数/被リスト登録数/被RT数/業種(大分類&小分類)/企業側からユーザーをフォ ローしているかどうか/企業からユーザーのTweetをRT or @などで対話しているか/Tweet内容はどのようなものか/Tweetする態度は、フレンドリーか否か/キャラ設定の有無/Tweet内容は自社の WEBサイトと連動してるか・リンク貼ってるか など。

調査対象の100社は、ツイナビの「ビジネス・経済」カテゴリに掲載されている企業の中から、有名な業種・企業を抽出した。同業種内でより細かく比較するために、一部の企業については、ツイナビに掲載されていなくても、ピックアップした。

以下、分かったことをサマリーでお伝えする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■KLOUTスコアの高い企業アカウントの特徴 5つ

1:継続的に有益なTweetができる業種
2:ユーザーと@を通じた「対話」関係を築こうとしている企業
3:Tweetの口調が、「フレンドリー」な企業
4:「対話」のネタ(コンテンツ)を作り、提供している企業
5:自社の宣伝ではなく、共感が得られるTweetを発信する企業
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上、このようなことが分かった。

くわしくは、7月20日(水)にオプトさんと一緒にセミナーを行うので、是非、いらっしゃってください。KLOUTスコアに関する調査結果について、僕がお話します。

なかには、「そりゃそうだよね!」と思うような当たり前の結論もあるかと思う。しかし、100社分の日本企業のKLOUTスコアとその運用内容を根拠として、「分かる」のでは納得感がまるで違う。(根拠となった100社分の調査結果については、当日、お土産としてお渡しします)

「知る」のフェイズは終わっていて、「分かる」→「できる」が求められている。これからは、運用が勝負。本セミナーが、そのための一助になれば、とてもうれしいです。

HALO:info@halo-web.com

Pocket

Comments

comments

“「KLOUTスコアが高い企業は、何がちがうのか?」100社の徹底比較から見えたこと(サマリー)” への11件の返信

  1. 某広告雑誌の方から、「KLOUTスコアについてヒアリングしたい」との依頼を頂いた。言い続けてみるもんだ☆ →「KLOUTスコアが高い企業は、何がちがうのか?」100社の徹底比較から見えたこと(サマリー) http://t.co/vF3v6iR

  2. 某広告雑誌の方から、「KLOUTスコアについてヒアリングしたい」との依頼を頂いた。言い続けてみるもんだ☆ →「KLOUTスコアが高い企業は、何がちがうのか?」100社の徹底比較から見えたこと(サマリー) http://t.co/vF3v6iR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です