強みと採用

Pocket

起業後、31日目。

採用において重要なことは、以下3点だと思っている。

1.理念・ビジョンの共有
2.強み/弱みの見極め
3.可能性を信じること

今日は、2に関連して、強みについて。

全知全能の人はいない。凸凹した人が集まって、イケてるジグソーパズル(組織)を作るのだ。しかし、「どんなジグソーパズルを作りたいのか」は、予め考えておかないといけない。

そのためにまず、自分のピースの形を知る必要がある。採用はまだ先だが、上記は明確にしておかないといけない、という危機感がある。以下、私の強み。StrengthsFinderにによるテスト結果。

※「強み(弱み)=無意識に繰り返し現れる思考や行動のパターン」とのこと。
※真偽は、自分では分からないので、伊勢くんに聞いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1:最上志向

平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。

2:指令性

あなたは主導権を握ります。他の人と違い、あなたは自分の考えを他人に押しつけることを苦痛とは感じません。それどころか、ひとたび考えが固まると、あなたはそれを他の人に伝えずにはいられません。ひとたび目標が定まると、あなたは他の人をそれに同調させるまで安心できません。あなたは、課題が人々の間で明確に理解されていることを求めます。従って、あなたは人に、偏った考えを持たず正直であることを要求します。あなたは彼らにリスクに挑戦することを迫ります。彼らを怖がらせることすらあるかもしれません。これを嫌ってあなたのことを頑固と呼ぶ人もいるかもしれませんが、一方で、進んであなたに主導権を握らせることもしばしばあります。

3:活発性

「いつ始めようか?」これはあなたの人生で繰り返される質問です。分析が有用であるとか、ディベートや討論が貴重な洞察を生み出す場合があることをあなたは認めるかもしれませんが、心の奥深くでは、行動だけが有意義であると知っています。決断が下されると、あなたは行動を起こさずにはいられません。あなたは、行動は最良の学習手段であると考えています。あなたは決断し、行動し、結果を見て、そして学びます。あなたは、危険を冒してでも行動し続けなければなりません。

4:戦略性

あなたはいろいろなものが乱雑にある中から、最終の目的に合った最善の道筋を発見することができます。これは学習できるスキルではありません。他の人には単に複雑さとしか見えない時でも、あなたにはこの資質によってパターンが見えます。これらを意識して、あなたはあらゆる選択肢のシナリオの最後まで想像し、常に「こうなったらどうなる? では、こうなったらどうなる?」と自問します。このような繰り返しによって、先を読むことができるのです。行き止まりの道をあなたは切り捨てます。問いかけ、選抜し、行動するのです。

5:学習欲

あなたは学ぶことが大好きです。あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。内容や結果よりもプロセスこそが、あなたにとっては刺激的なのです。あなたは何も知らない状態から能力を備えた状態に、着実で計画的なプロセスを経て移行することで活気づけられます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以下の書籍を買うと、StrengthsFinder(強み発見WEBテスト)がついてくる。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』

恥ずかしいタイトルだがが、書いてる内容は割合まっとうだと思う。少なくとも、血液型分析とか占いよりも、興味深いと思う。「自分の強みって何?」の仮説立案のとっかかりにはなる。

まだの人は、本書で試されると面白いと思う。

Pocket

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です